時代遅れのVADSがまた使える時代に

ドローンが戦場を変えたのに

 

(参考① P2 抜粋)

20mm対空機関砲については、防衛所要上の重要度が低下したことを踏まえ、令和2年度に運用停止を決定した。 令和3年度中に176式全ての用途廃止を実行し、要員27名の配置換えを行った。

 

ドローン登場で新しい使い道が生まれた20mm対空機関砲(VADS)は、ドローン登場前の計画に従い、R3年に廃止している。一度決めると、周辺状況が変化しても、導入も廃止も計画通りに、というのが日本らしいやり方だ。

 

一方で対ヘリ装備としては全く使えない仕様となっていた87式高射機関砲は、ダラダラと運用し続け、最近の演習では『ドローンを警戒しています!』とアピールしている。こちらは余りに高価過ぎて(1両15億円)、捨てたいけど捨てられず、使い道が見つかってラッキー☆彡という事だろうか。

 

今年から慌ててドローンを買い始めているが、ほぼ外国製であり、かろうじで国産品はフジ・インバック製が検討されているのみだ。→参考②

 

色々買い揃える頃には、時代はまた前に進んでいるだろう。ステルス型とか、ハイブリット型とか・・・。

 

俺ならこのドローンを企画

 

自分が企画するなら、ステルス擬態して隠れ、敵が近づいてくると、回転しながら、上昇、散弾をばら撒くドローンにすると思います。偽ドローンを混ぜて、どれが本当か分からなくするとかね。そのまま爆発しても良いし。

www.photolibrary.jp

 

技術も大切だけど、企画も大事だね。

 

参考①

https://www.mof.go.jp/policy/budget/topics/budget_execution_audit/fy2022/sy0407/35.pdf

 

参考②

www.fuji-imvac.jp

九州で刺身用の生サバが売ってる理由

アニサキスの割合が違う

 

日本近海には約9種のアニサキスが居ると言われている。

特に多いのが、ピグレフィー型、シンプレックス型だ。

 

この2種の大きな違いは『移行率』である。

移行率とは、アニサキス(通称アニちゃん)が内臓から肉に移動する確率のことだ。

 

※以下の数字は当時読んだ文献の数字。参考文献リンク先とは出所が違う為、数字が異なっている。

 

【移行率の違い】

グレフィー型    0.1%

シンプレックス型   11%

 

これは1,000匹のサバのうち、運良くアニちゃんを食べてしまう確率が

グレフィー型    1匹

シンプレックス型   110匹

という意味であり、確率が110倍違う。

 

九州は日本で唯一、ピグレフィー型が100%となっている地域なのだ。

 

日本海側では、隣の山口に行くと、

グレフィー型  80%

シンプレックス型    20%

と、ピグレフィー型の割合が下がり始める。

北上するごとに顕著となり、青森まで行くと、シンプレックス型 がほぼ100%となる。

 

太平洋側ではより顕著となり、隣の四国に行くと、

グレフィー型  60%

シンプレックス型    40%

と、ピグレフィー型の割合の下がり方がより大きくなる。

 

九州以外で、しめ鯖や炙りが多いのは、アニサキスを殺す為だとされているが、塩や酢では元気の良いアニちゃんは、24時間以内に死なない事が知られている。産地によるアニサキス型の割合の影響が大きい。『うちは、しめ鯖は〇〇産しか使わない』というこだわりがあるのは、この為だ。つまり、そこはピグレフィー型が支配的という事になる。

 

アニサキスは皮の裏側に居ることが多く、料亭によっては表面だけを凍結する手法を使う事もある。細かい飾り包丁は、アニサキスを切断する為だが、聞こえが悪いので、隠語として『飾り包丁』としている。(これだけじゃないけどね)

 

やっぱり旬と鮮度が命

 

アニサキスは型に関係なく、魚が死ぬと移動を開始するので、九州でも新鮮なサバを手早く、かつ、丁寧に内臓抜きをしている。旬な季節は、より大人しいと漁師は言う。

旬は似ている魚種ではほぼ逆であり、マサバとゴマサバ、カワハギとウマヅラ、チヌとキビレ、などだ。ま、魚に限らず、生ものは旬な時期に食べるのが正解だね。

 

サバ以外でも自作したスルメイカの塩辛でアニちゃんにヒットする事も多い。

イカはさばいた後に、蛍光灯(今はLEDだろうけど・・)にかざすと、アニちゃんを見つける事が出来る。げそ部分は見えないので、新鮮でも生食しない方がいいだろう。

基本、48時間冷凍した方がいい。イカは冷凍しても味が落ちにくいからね。

 

今日はアヒージョでも食べるか。

 

参考文献

https://www.eiken.co.jp/uploads/modern_media/literature/P1-6_1.pdf

 

(抜粋)

2011 年から 2015 年までの都内アニサキスによる有症事例において、患者から摘出された虫体の96%が A. simplex、2.4%が A. pegreffii と同定され、原因寄生虫のほとんどが A. simplex によるものであった。

 

奇跡は起こるよ何度でも

魂のルフラン~♪

 

作詞家の方は、よーわからんまま提供したそうで、まさかの大ヒット、6億円以上の印税を手にしましたが、もろもろで借金生活との噂も。人生は分かりません。

 

勝負も諦めたら終わりです。

 

25年以上前、私は泣いていました。ラモスと世界に行ける!と。

次の瞬間、相手のボールがゴールに入りました。え?

当時住んでいた飯塚市は治安が良く、アパートの4階からビン投げてる人が居ました。

 

夜中、車で信号停止中に、隣に止まった黒いベンツ。

スモークガラスがウィーンと降りると、ラリッてる構成員に拳銃を向けられ、

『ねえ、ねえ、撃っていい!? 撃っていい!?』 (*´Д`)ハァハァ

4人が拳銃振り回していたのですが、そのまま警察署に行ったところ、

『電話番号書いてください。何かあったら連絡しますので』

とのことで、ニュースにもなりませんでした。

 

が、この警察署は、ナンパを断られて散弾銃を撃たれた現場(距離は200mしか離れていない)に、通報を受けた翌日昼に行った事案が全国放送に。

 

今回のワールドカップサッカー、初めての逆点勝利が2つも。

 

生きてて良かったわ。

サッカー見ながら飲む酒は

白子の松前

 

真昆布を酒で戻します。白子を冷たい塩水で洗って、水気を拭きます。昆布で白子を両面から包み、ラップ巻いて冷蔵庫で1日置きます。

1日寝かせた白子

アルミホイルで包み、2回折り目を付けて、しっかりと閉じます。

閉じる前に、氷1個入れるのがポイントです!

氷が蒸発して膨らみ、圧力が上がるので、ふっくら仕上がります。

これは世界中の色々な調理で用いられている手法です。

 

アラジントースターで200度、10分で焼きます。一般的なトースターだと12分ぐらいが良いと思います。焼く前に日本酒ふるとかありますが、今回はそのまま焼いてます。

焼き上がりました

ポン酢、一味とか、お好みで食べます。そのままでもおいしいです!

 

吉田茂 元首相は高知にうまい酒が無いと言っていたそうですが、この酒を飲んでうなったと伝承されています。画面は高知出身の吉田類さんです。

司牡丹

今日もAM4:00-6:00 サッカー観戦、そのまま出社です(笑

テレビとAbemaTVの2元中継です。

ただいま、イングランドフリーキックで得点が入りました。

日本代表、がんばってね~

落雷でPC逝った

サッカー日本初戦の2時間前にブルースクリーン

 

遠くで雷が鳴っていたのですが、偶然かもしれないけど2撃目で運悪く逝ってしまいました。ACアダプタには雷サージ対策品入れているのですが、当たり所が悪かったようです。モノを余り持たないのでだけど、こういう時、バックアップがないと、日常生活に支障が出てしまいます。PCは延長保証期間だったので修理には出したのですが、代わりがないので、レンタルしています。

 

www.rakuten.ne.jp

 

wifiレンタルは経験あるけど、PCは初めてです。個人用レンタルは近所になく、色々調べて、楽天市場内にある会社に依頼しました。注文時には、運転免許と保険証をスキャンして送付する必要があります。返却時は、発送時の梱包材をそのまま使い、ヤマト運輸に集荷を頼むだけです。

 

とりあえずテレワーク環境には出来ています。

ついてないね~。日本代表、最終戦はがんばってね。

自衛隊 非常用糧食

やる気が出そうなメニュー

 

非常用糧食 メニュー一覧

 

鶏だんご野菜あんかけ
鶏と根菜のうま煮
かつお野菜煮
さばみそ煮
さんま甘露煮
ベーコンポテト
ベジサーモン

(製造は日本ハム様)

 

牛ひき肉のキーマカレー
さばと大豆のトマト煮込み
ナポリタン
スタミナ麻婆豆腐
酢豚
とり根菜煮

(製造は新成物産株式会社様)

 

他には以下の様なメニューも。レンジャーが食べてるやつかな??

 

陸上用応急糧食(とり飯)
陸上用応急糧食(カレーピラフ)

 

www.youtube.com

 

ご飯美味しくないと、やる気出ないもんね。

 

参考資料

https://www.mod.go.jp/atla/souhon/supply/jisseki/rakusatu/xls/04zuikei_kijunijo.xlsx

ミサイル防衛 監視衛星

こっそり試験中

 

10年近く研究していた『2波長センサ』をALOS-3に搭載して試験中。これはミサイル発射時を捉えるセンサとなる。米国頼みだったのを、やっとこさ試験にこぎつけた感がある。2波長は世界初であり、実用段階に到達出来るかどうかは不明だが、開発を辞める事はないだろう。光学分解能も80cmとなっており、一昔前の監視衛星と、同等水準となった。なお、最新の情報収集衛星の分解能は約20cmと噂されている。運用情報はすべて機密扱いであり、全く公開されないので、何かの役に立っているかも不明だが、分析する人間の教育が追いついてない可能性は高いと思っている。

 

衛星コンステレーション

 

米国は、極超音速ミサイル探知の為、赤外線センサーを搭載した28基の衛星を低軌道に打ち上げ、衛星コンステレーションを構築しようとしている。衛星通信には、波長1.55umのギガビット光通信が使用される。かつてはこの分野で先行していたはずの日本も何かしらの形で参画するかもしれない。

 

参考文献

www.clearing.mod.go.jp

 

www.sankei.

 

先進光学衛星(ALOS-3)の開発状況

https://www.pco-prime.com/alos-3_alos-4_sympo/pdf/1350.

P5に単語のみ記載あり