BASI-KRAMER’s blog

浜までは海女も蓑着る時雨かな

次期戦闘機 第6世代コンセプト

第6世代機として2035年就役

 

CCAPを法的に位置付ける枠組みとして、GIGO、GCAP International Government Organisationが設立、3か国が署名した。政治的なハイコミットメントという意味でマイルストーンだと言える。

 

細かい技術仕様についてはまさに話し合い中だと思われるが、量産までの時間がほとんどないのがリスクだろう。

www.mbda-systems.com

 

第5世代には『ステルス』という判りやすいキーフレーズがあったが、何を持って第6世代なのかは解釈が分かれている。GCAPで掲げられているコンセプトは以下の通りだが、単語だけ見ても、第5世代のアップグレード版と何が違うのか、イメージ出来ない。

 

【GCAPコンセプト】

 ・インテリジェントウエポンシステム

 ・デジタルコックピット

 ・次世代レーダ

 ・高効率エンジン

 ・ソフト飛行制御

 ・統合センシング

 

日本独自のコンセプトがどこまで反映されるかも不明だ。

XF9エンジンで日本はやっと世界に追いついた感があるが、実験室レベルでもある。

みんなのロマン、推力変更機構は搭載されるだろうか。

推力変更機構(出典リンク①:IHI

増大する電力、熱との地味な戦い

 

これらシステムの消費電力は大幅に増大するのは確定であり、発電機などの技術も重要になる。(写真出典リンク③:川崎重工 航空機用発電機向け無段変速技術)

https://www.khi.co.jp/rd/technologies/air/img/airc_im01.jpg

 

発電量が増せば、発熱も大きくなり、冷却装置の大型化が避けられない。

こちらは「将来戦闘機用小型熱移送システム」として試作、研究が実施されている。

VCS(べーパーサイクルシステム)冷却システム (出典リンク④:防衛省

VCSは、エアによる冷却ではなく、発電機からの電気でコンプレッサを駆動、液化と蒸発による熱交換を行う。システム構造が簡素な為、コンパクト化されるが、冷媒の管理やコンプレッサのロバスト設計が難しいとされる。VCS自体は目新しい技術ではなく、米軍は1980年代には、LANTIRN (ランターン)ポッドへの搭載で技術を確立しているが、そこに至るまでには苦労している。

 

統合センシングとソフトによる飛行制御では、膨大な機内外データを扱う為、世界で初めてP-1が実用化したFBL(フライバイライト)も採用される可能性が高い。FBLは電波妨害に強く、自身の電波放出も小さいという利点がある。

 

技術のシーズは世の中に溢れかえっている為、それらをコンセプトの元、どうインテグレーションするのか、その成否が戦闘機の拡張性も踏まえた能力を左右するだろう。

 

リンク①

https://www.ihi.co.jp/technology/techinfo/contents_no/__icsFiles/afieldfile/2023/06/17/07_ronbun1.pdf

リンク②

https://www.mod.go.jp/atla/research/ats2020/poster/kenkyu_05.pdf

リンク③

航空機用発電機向け無段変速技術 | 研究開発 | 川崎重工業株式会社

リンク④

https://www.mod.go.jp/atla/research/gaibuhyouka/pdf/VCS_30.pdf

酒 ~蓬莱泉空 蔵人 とろとろと 山廃純米

蓬莱泉 純米大吟醸 空 生原酒

 

愛知県の東北部、奥三河にある関谷醸造のプレミアム酒。生原酒は年に1回、間も無く今年分の出荷が始まる。人気が高く、すぐに売り切れてしまうのと、プライスにもプレミアムが付いてとてもお高い。定価は4,000円だが、店頭では12,000円になっている事も珍しくない。生原酒特有のフレッシュさが特徴で、うまい。が高い。角打ちでは1杯600円でした。おかわり・・できません。

お高い 空 生原酒

愛知県常滑、澤田酒造。搾ったまま、熱を加えず、加水も、濾過もせず、タンクから直詰めする工法。フレッシュな甘さと、とろり感があり、濃厚なうまさを感じる。この前、社長さんと角打ちでお会いしました(笑。

白老 蔵人だけしか飲めぬ酒

秋田県、秀よし (鈴木酒造店)酒造。

(メーカWebより)粗いザルで濾して上槽したあと、少しづつミキサーにかけて粒の大きい滓を摺りつぶしました。トロリと濃い触感で、静置しておいても上澄みは、ほんの数センチ程度にしかならないため見た目は真っ白な酒といった感じです。

とろとろと

一般的なにごりと違い、上澄みがほぼない。上品などぶろくのようなテイスト。

 

近江、美冨久酒造。新酒しぼりたて生原酒 山廃純米あらばしり

新酒 しぼりたて 生原酒 山廃純米あらばしり

山廃仕込による純米酒の新酒しぼりたて、山廃特有の酸味はあるが、調和がとれており、すっきりと飲みやすい。山廃仕込が苦手な方でもいけると思う。

 

3連休、毎日角打ちしてました。やばいよ。やばいよ。

新型機雷の開発

FFMで運用する新型機雷

 

(事業概要抜粋)

老朽化した従来機雷の代替として、小型・軽量化することで、FFM(もがみ型護衛艦)、掃海母艦、将来的には航空機から迅速に敷設でき、遠隔管制が可能な新型機雷の開発を行う。

 

技術的な特徴として以下が挙げられている。

 ・艦上での容易な調定

 ・敷設後の音響通信による機雷の遠隔管制が可能

 ・小型・軽量化

 ・モジュール構造

運用部隊はFFM、掃海母艦だが、将来は航空機にも対応する計画となっている。

https://www.mod.go.jp/j/approach/hyouka/rev_suishin/r04/rev_fin_r05/05-0019.pdf

 

機雷は秘匿性が高く情報はほぼ非公開。各種軍事ショーにおいて、日本人が大好き北欧系企業から防衛省にインテリジェント機雷の売り込みが行われているので、そこから推定してみたい。

https://www.da-group.com/client/da2020/userfiles/turso-mm-30-nettisivustolle-vaunun-pyorilla-ja-nettisivustolle.jpg

https://www.da-group.com/solutions/defence/turso-underwater-warfare/

写真は、フィンランドにあるDAグループが2020年に発表したTorso機雷システムを構成するNM30機雷であり、特徴は以下の通り。

 

 ・保管寿命は25年

 ・実戦使用時でも数年稼働

 ・設置深度は10m~200mを基本とするが、さらなる深度対応も可能

 ・モジュール構造

 ・プログラミングによる柔軟な目標検出

 

NM30は各種センサーが取り付けられており、モジュール構造によりカスタマイズ、アップデートが容易、かつライフサイクルコストを低減している。

 

プログラミング、テスト、シミュレーションツールも準備され、NM30を訓練モードに設定する事で設置訓練だけでなく、機雷を排除する掃海潜水士の訓練にも使用できる。

https://www.da-group.com/client/da2020/userfiles/turso-ecosystem.png

 

遠隔操作に関しては記載が全くなく不明だが、何かしらの音響通信を行うのだろう。

 

新型機雷はNM30に範を取った仕様となり、機雷自体の製造は石川製作所が担当するのは間違いない。プログラミング、調停環境の準備に関しては、例えばパナソニックのタフPCに、パートナー企業のソフトツールをインストールするなど、やろうと思えば実現可能だろうが、北欧大好き&実績及び開発コストを加味して、短期的にはカスタマイズ&輸入する可能性が高いのでは、と思う。

防衛省 水中グライダー導入

水中グライダーSlocum

 

防衛省はXにて、米国Teledyne Webb Research製の水中グライダーSlocumを導入すると発表した。同時にNEC製の遠距離水中音響通信モジュールも契約するとしている。この2つを組み合わせて使うのか、別々の運用なのか不明。

 

 

『水中グライダー』という響きに懐かしさを感じたが、2016年当時、防衛省は『水中滑走制御技術の研究』と題して、エイのような模型を使った研究を実施していた。

2016年に試作された水中グライダー(出典:リンク①)

Slocumは、内部にある水や油をピストンで前後部に移動させて重心を変化させ、海流を利用しながら、上昇と下降を行う。海面に到達した後、後部のアンテナから衛星通信で運行データを送信する。観測データ自体は本体から取り出す必要がある。

 

ユニークなのは、動力源としてアルカリ電池、リチウム充電池、リチウム電池が選択可能で、メーカカタログによると、リチウム電池使用時には、航続距離は3000-13000km、航行時間は4-18 monthsにも達するという。重心移動技術が、この長期運用を可能にしていると思われる。

 

トラブル発生時には、バックアップ電源に繋がれた強制腐食ワイヤーで固定された錘が切り離され、本体が海面に浮上し、SOS電波を発信する仕組み。

 

Slocumは軍事専用というわけでなく、学術、商業分野でも使用されており、防衛省がエイ模型で実験していた同時期に、気象研究所が『水中グライダーを用いた高解像度海洋観測技術の開発』と題して、Slocumを使って2016年~2018年の期間、小笠原諸島周辺で海洋観測実験を実施している。この際には、”気象庁船による投入・回収時の比較用船舶観測データが非常に重要”とされた。

https://www.mri-jma.go.jp/Topics/H30/kankyosympo2018/files/poster_4.pdf

 

今回防衛省が導入するのは2機種(Ⅰ型、Ⅱ型)となっているが、オプションセンサの選択の違いだろう。

 

リンク①

https://www.mod.go.jp/atla/research/dts2013/R4-2.pdf

 

リンク②

www.teledynemarine.com

www.seanet.co.jp

酒 ~金鯱 司牡丹 春雲紫

金鯱 司牡丹 春雲紫

 

愛知県、盛田金しゃち酒造。辛めだが、わずかに酸っぱさを感じる。好みが分かれる味だろうか。

金鯱

司牡丹、裏。何が裏なのかも不明なのが裏っぽい。醸造が若干違っているぽい。華やかな香りと、伝統の辛口と酸味のバランスが絶妙だ。

司牡丹 裏

 

濱田酒造の焼酎である海童の限定酒、春雲紫。季節限定。

全量鹿児島県産の紫芋を使用し粗ろ過で仕上げた本格芋焼酎です(メーカWebより)

春雲紫

若干の白濁があり、日本酒のにごりっぽい見た目になっている。紫芋の華やかな香りと甘味を感じる、濃厚な味わい。

味噌おでん

昨日、味噌おでんのイベントに参加しました。味噌だれが美味しく、お店の許可をもらったので、有志とスーパーに出かけて、厚揚げ、カキ、うどんを購入。別鍋で煮込み、実に美味しかったです。

パトリアAMV 2025年から国内生産開始か

日本製鋼所内でのライセンス生産開始

 

運用期間は20年、調達数は810両。

2023,2024年予算では計約60両輸入する事になっているので、残750両。

 

パトリア社とライセンス締結した日本製鋼所が、北海道の室蘭にある製作所内に、2024年度内に工場を新設、2025年からライセンス生産を開始する予定という。

 

防衛省の資料内にあるライフサイクルコストを見ると、生産はR30年(2048年)頃まで、毎年ほぼ同数を継続生産する計画の為、派生型を平行生産するか不明だが、年30~35両の生産となる。

ライフサイクルコスト(出典:防衛省 リンクP34)

 

国際情勢を見ると、今までのように24年もかけてだらだらと調達するとは思えず、輸送型は前出しで大量調達する可能性が高いと思う。

 

北海道はフィンランドと同じくロシアからの脅威の最前線でもあり、環境的にも同じく雪深いので、車両の出荷テストにも適していると思えるのは偶然だろうか。

 

リンク:

https://www.mod.go.jp/atla/soubiseisaku/project/gaiyo_r050831.pdf

日鋼、陸自向け装甲車製造 室蘭に工場新設 25年にも:北海道新聞デジタル

経済 ~日経平均がバブル越えの今

景気感と乖離する株価

 

日経平均の上昇が続いている。バブル期との比較、失われた30年が話題になるが、当時と今とでは状況は全く異なる。色々言われているので、省略するとして、数字的に最も顕著なのは、利益に対しての株価であり、

 

 当時のPERが60倍に対して、現在のPERは16倍

 

となっている。これは世界的に見ても過熱とはいえない水準であるが、これからどうなるかは、今後も利益率を上昇出来るか、にかかっている。利益率が上昇する見込みならば、割安に見えるし、そうでないなら、頭打ちとなる。

 

一方で世界の政治状況を見ると、米中対立により、米国から中国への投資そのもののリスクが上昇して、投資したくても投資出来ないファンドが増えている。さらに中国不動産の不良債権問題もあり、それまで裁定取引で、中国で買い、日本で売り、のポジションを取っていた外資ファンドが、日本での売りが出来なくなっている。直近では外国人は買い越し、日本人は売り越しとなっているのが、面白い。

 

新NISAで日本人はS&P500など海外投資に振り向けており、あてが外れた格好だ。

 

国内市場の懸念点としては、日銀保有ETF、年金基金保有ETFは大きくは売られておらず、流動性がいびつなままになっている。年金基金の累積利益は2000年以降で120兆円に達しており、定期的になにかしら利確していると思われるが、全く売ってない日銀保有ETFはいつか売る時が来るはずだ。それは数年先のことだが。よって、今後数年は上昇傾向の相場が続くと思う。

 

国際政治を見ると、トランプが再び大統領となり、すぐにプーチンと握手してウクライナを見捨て、ロシアへの投資を始めても、中国の代わりにはならないだろう。欧州も一枚岩ではなく、ハンガリースロバキアはトランプに同調しても主流にはならない。結果、外資ファンドは、日本売りのポジションを持てない。アメリカ第一主義で、USスチールの買収は失敗するだろうが、日本企業全体の業績への影響は極めて限定的となる。

 

日本企業の株価としての利益率の向上は、自社株買いによる影響も大きい。

自社株買いは、2023年には10兆円にも達している。

一方で、その原資となる利益は、自社株買いや配当増資が優先され、従業員、仕入先への利益還元は抑制され続けて来た。これが低賃金として表れている。

 

日本人が日本に投資せずに、S&P500を買いまくっているのは、こういったいきさつ、不信感によるものだ。

 

資本主義とはいえ、我々は何の為に働いているのだろうか。

能登半島地震後の先進国とは思えない避難所生活を強いられる人たちを見ると、そう感じてしまう。