認知症の母親の口臭がひどかった

歯周病認知症の原因になる可能性

 

www.nhk.or.jp

 

父親が入院した後、母親を毎日病院に連れていったのですが、口臭が酷くてびっくりしました。歯磨きも風呂もだんだん適当になっていったのでしょう。父親はまだ、なんとかやれていたみたいですが、母親は色々な事が出来なくなっていた。検査の時にビタミンが不足しているとの指摘もありました。ビタミン不足や口臭衛生が、認知症発症に影響しているのかもしれません。認知症にならない職業として、政治家や理髪師などが挙げられます。理髪師の方に聞くと認知症になった人を聞いたことがないそうです。指先を使うので、脳の運動になっているのかも。

 

風呂に入らない問題

 

ある時、姉から母親が1か月近く風呂に入らず、異様な状態だと相談がありました。

本人は、昨日入った。毎日入ると体に悪いから今日は入らない、と繰り返し主張します。電話で、母が通っていた美容院のママさんに相談して、髪を染めるついでに洗ってください、とお願いしたのです。本人は、勝手に洗われた、しつこく話かけられたと、ご立腹でしたが、確認したところ、母親がしゃべりまくっていたそうです。後、母親が入院してから髪を染めてもらうのが禁止になりましたので(理由は不明)、黒髪の母親を父親に見せてあげられたのは、その時が最後になりました。

風呂入らない問題は、子供がいくら言っても聞いてもらえないので、在宅介護で悩んでいる方も多いと思います。入ってくれたらラッキーぐらいの気持ちで、プロにお願いするのが一番です。